福島県三島町観光協会公式サイト 奥会津三島町
お知らせ

第44回雪と火のまつり

_DSC0102

2月13日(土)に「第44回雪と火のまつり」が開催されました。

当日の様子をご紹介します。

 

 

 

_DSC0105

午前8時ごろ川井地区の皆さんがサイの神に使用する杉の木(ご神木)を切り出し。

 

 

 

_DSC0110

こちらは桧原地区のご神木迎え(杉の切り出し)。

 

 

 

_DSC0132

午前9時ごろから会場内で三島中学校の生徒がサイの神を作成。

 

 

 

_DSC0002

三島小学校の児童がサイの神を立てるところ。

 

 

 

_DSC0010

いわき市四倉町の子どもたちがサイの神を作成中。

 

 

 

_DSC0074

ご神木を会場に運び、サイの神を作成中。

 

 

 

_DSC0012

こちらは桧原地区の皆さんが作成中。

 

 

 

_DSC0040

正午に雪と火のまつり実行委員会 会長 板橋健也さんの開会宣言にてスタート。

 

 

 

_DSC0027

会場内の雪の滑り台には終日子どもたちが遊んでいる姿がありました。

 

 

 

_DSC0068

午後1時からは県の重要無形民俗文化財に指定されている「団子さし」が行われました。

 

 

 

_DSC0138

団子は雪まつり当日の午前中に、老人クラブのおばあちゃんと三島中学校の女子生徒によって作られました。

 

 

 

_DSC0088

ミズの木に付けられた色とりどりの団子が会場に飾られました。

 

 

 

_DSC0135

 

_DSC0141

2時からは雪上イベントの一つ目「雪玉ストラックアウト」。

 

 

 

_DSC0145

富士ソフト(株)の社員の皆さんがボランティア参加してくださり、人権擁護委員のマスコット着ぐるみを着てPR活動してくださいました。

 

 

 

_DSC0156

3時からは二つ目の雪上イベントで富士ソフトの皆さんも参加した「雪上綱引き大会」。

 

 

 

_DSC0161

大人の部は滝谷建設工業(株)の皆さんが優勝しました。

 

 

 

_DSC0176

いわき市道の駅よつくら港からは、いわしのつみれ汁とあんこう汁が無料で振る舞われました。

 

 

 

_DSC0193

夕方には大きなサイの神も作り終わり、5本のサイの神が立ち並びました。

 

 

 

_DSC0194

雪と火のまつりの総合司会を行っていただいた、ふくしまボンガーズ所属パチッコリンさんによる「お笑いステージ」。

 

 

 

_DSC0274

夕方になるとサイの神を見ようと来場者も増えてきました。

 

 

 

_DSC0253

火打石で採火された火によって6時にサイの神への点火。

 

 

 

20160213三島雪と火のまつり_MG_7934

「撮影:奥会津地域おこし協力隊 志賀薫」

サイの神の炎が最高潮を迎えたところで、花火大会が開始。

 

 

 

_DSC0268

夜のステージイベントでは青森県出身の演奏家 松田隆行さんの「津軽三味線ライブ」。

 

 

 

_DSC0276

最後のイベント「福々みかんまき」を前に、三島町長より来場者の皆さんへご挨拶。

 

 

 

_DSC0281

町長と実行委員会長、そして三島町&奥会津地域おこし協力隊の皆さんによりくじ付きのみかんまきスタート。

 

 

 

_DSC0295

会津若松市から来ていた小学生が一等賞(石油ストーブ)を手にしていました。

 

 

といった流れの「第44回雪と火のまつり」でした。

ご来場の皆さん、開催にあたりご協力・ご協賛いただいた皆さまありがとうございました。

 

 

1602171009010001

福島民報新聞

 

雪と火のまつり記事

福島民友新聞