福島県三島町観光協会公式サイト 奥会津三島町
お知らせ

第43回雪と火のまつり(日中)

_DSC0002

2月14日に開催した「第43回雪と火のまつり」の様子を紹介します。

 

_DSC0019

 

_DSC0024

 

_DSC0074

 

_DSC0098

朝からまず、三島町小学生・中学生、三島町と交流のあるいわき市四倉の子どもたちによるサイノカミつくり。

指導には毎年大登地区の方々がご協力してくれています。

 

 

_DSC0154

 

_DSC0208

子どもたちのつくるサイノカミは約5mですが、桧原・川井地区の方々つくるサイノカミは約20m。

地区の方々が交代しながら20mの御神木(杉)にワラを巻き付けていきます。

 

 

_DSC0137

正午に雪と火のまつり実行委員会 会長の海老名健さんによって開会宣言。

 

 

_DSC0181

 

_DSC0190

午前中に老人クラブの方々と三島町中学生(女子)がつくった団子を、午後1時に来場者と一緒に飾り付けます。

団子はミズの木に付けるのが習わしです。

 

 

_DSC0228

 

_DSC0241

午後2時からは雪国ならではのイベントがスタート。

まずは、ビーチフラッグの雪上版「雪上フラッグ大会」。

 

 

_DSC0300

 

_DSC0321

3時からは「オリジナルアイスつくり」。

雪を使って遊ぶだけで簡単に作れるアイスつくりを楽しみました。

 

 

_DSC0413

 

_DSC0429

 

_DSC04594時からは雪上綱引き大会。

白熱しすぎて、子どもたちはケンカになったとか。。。

 

 

後日、夕方から閉会までの様子を紹介しますね。